再生可能資源として回収した後はどうなるのか?

再生可能資源として回収した後はどうなるのか?

産業廃棄物は全て処分するのではなく、素材ごとに分別・リサイクルした後、再生可能資源としても活用されます。

例えばプラスチックなら、プラスチック原料や再生繊維などの原料に使われます。鉄スクラップは電炉メーカーなどで再び鉄製品の原料となり、銅・アルミニウムなどの非鉄金属も非鉄原料に再度用いられます。

このように、リサイクル資源として日本国内で流通しているのです。また、再生可能資源は中国をはじめアジア諸国での需要も高いことから、一部は海外に輸出されています。

機械は分別してリサイクルorリユース

回収するのは解体した建築廃棄物だけではありません。大型の機械などを回収することもあります。

機械の場合、解体して使える部品はリユースし、使えない部品などに関しては再生可能資源としてリサイクルに回されます。自動車やバイク、パソコン、OA機器なども同様で、中古品として売却して使える部品はリユースされ、特定素材を取り除いてリサイクルするのです。

リサイクルが盛んな廃棄物の分別・買取・回収は、専門業者に依頼することで手間なく処理できます。

【秋田マテリアル株式会社】は東北全域(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)と新潟からの鉄スクラップの買取・回収依頼を承り中

秋田のにかほ市に本社・工場を構える【秋田マテリアル株式会社】では、鉄スクラップをはじめ廃棄物の買取・回収を行っています。

産業廃棄物は分別や処理を行うことによって、有価物になる可能性があります。再生可能資源の価値を高めるため、きめ細やかな工程で処理を進めることが可能です。廃棄物の買取・回収は、ほぼ全ての業種に対応しており、法人・個人問わずサービスをご利用いただけます。

製造業者様・金属加工業者様・建設業者様・各業種事業者様・個人事業主様・一般のお客様など、それぞれのご要望を丁寧にお伺いし、適切なサービスをご案内します。

東北全域(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)及び新潟で買取や回収に関するご相談がありましたら、お気軽に【秋田マテリアル株式会社】までお問い合わせください。

スクラップの買取をご希望の際は【秋田マテリアル株式会社】まで

会社名秋田マテリアル株式会社
住所本社〒018-0402 秋田県にかほ市平沢深谷地16−8
三森工場〒018-0403 秋田県にかほ市三森高田20
連絡先TEL 0184-74-5277
FAX 0184-74-5278
WEBサイトhttps://akita-material.com
代表者代表取締役 佐藤 佑介
資本金2,500万円
従業員数16名
設立年月日平成19年9月
関連会社那須マテリアル株式会社、エヌズホールディングス株式会社
事業内容再生資源(金属、プラスチック等)の回収、加工、販売
産業廃棄物の収集運搬 中間処理 古物商
敷地面積本社 4,730㎡
三森工場 7,943㎡
主要設備蛍光X線分析計、プレス機、破砕機、プラズマ切断機、アリゲーターシャー
トラックスケール(40t)、フォークリフト(3台)、車輌3台、バックホー
許可内容
許可証 区域 許可番号 許可年月日 有効期限
産業廃棄物処理業 秋田県 00525142130 平成25年5月2日 平成35年5月1日
産業廃棄物収集運搬業 秋田県 00505142130 平成25年12月5日 平成30年12月4日
古物商 秋田県 231160000245 平成25年7月11日 -
エコアクション21 - 0011542 平成28年11月30日 平成30年11月29日

許可証:産業廃棄物処理業

区域:秋田県

許可番号:00525142130

許可年月日:平成25年5月2日

有効期限:平成30年5月1日


許可証:産業廃棄物収集運搬業

区域:秋田県

許可番号:00505142130

許可年月日:平成25年12月5日

有効期限:平成30年12月4日


許可証:古物商

区域:秋田県

許可番号:231160000245

許可年月日:平成25年7月11日