家屋を解体した際に出る廃棄物の量はどのくらい?

家屋を解体した際に出る廃棄物の量はどのくらいになるのでしょうか。一口に家屋といっても、すべてが同じ形状、大きさというわけではありません。

例えば、一軒家でも平屋で建坪も小さければ、当然廃棄物の量も多くはないかもしれません。一例ですが、2階建ての住宅で建坪が30坪程度であれば、10トントラックで2~5台分の廃棄物が出ます。当然3階建てならさらに増えることになりますし、敷地が広くなればその分廃棄物も増えることでしょう。

廃棄物の量というのは、解体方法によっても違ってきます。大きく砕けばそれだけかさも増します。逆に細かく砕くことによって体積が小さくなり、回収に必要なトラック台数が減る可能性もあるのです。

廃棄物の量を抑えるのは業者の匙加減によるところが大きく、体積によっては処理費用が割高になる場合があります。

家屋の構造によっても廃棄物の種類や量は変わる

家屋の解体によって回収された廃棄物は、「木くず」「混合廃棄物」「石膏ボード」「クロス」「コンクリート」「廃プラスチック類」「金属くず」「ガラス」などに分けられます。

家屋が木造なのか、それとも鉄骨なのか、それぞれの構造によって出る廃棄物の種類・量は大きく異なります。木造家屋は、鉄骨造・鉄筋コンクリート造の家屋に比べて解体しやすく、資材としても再利用しやすいため、処理費用は安くなるでしょう。

しかし、鉄骨造・鉄筋コンクリート造の家屋から出る廃棄物にリサイクル可能な資材が含まれている場合は、その分費用が安くなることもあります。

東北全域(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)及び新潟で解体時の電線・アルミ・鉄くずの回収を依頼するなら【秋田マテリアル株式会社】へ

東北全域(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)及び新潟で解体時の電線・アルミ・鉄くずの回収を依頼するなら【秋田マテリアル株式会社】へ

東北全域(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)及び新潟で解体時の電線・アルミ・鉄くずの回収を依頼するなら、【秋田マテリアル株式会社】にお問い合わせください。

秋田・にかほ市を拠点とする【秋田マテリアル株式会社】では、あらゆる業種における廃棄物の定期回収を行っています。管理コスト・廃棄コストの削減に向けて、お客様にとって最も効率の良い廃棄物処分、適切なリサイクルを実現いたします。

まずお客様のお悩みや現状などをヒアリングし、お客様と共に最も効率の良い回収方法を考えます。東北全域・新潟で解体時の廃棄物処分にお困りの法人様、お問い合わせいただいてから回収までの流れについて詳細をご説明しますので、お気軽にご連絡ください。

秋田など東北地域で電線・アルミ・鉄くずの買取依頼をお考えなら【秋田マテリアル株式会社】へ

会社名秋田マテリアル株式会社
住所本社〒018-0402 秋田県にかほ市平沢深谷地16−8
三森工場〒018-0403 秋田県にかほ市三森高田20
連絡先TEL 0184-74-5277
FAX 0184-74-5278
WEBサイトhttps://akita-material.com
代表者代表取締役 佐藤 佑介
資本金2,500万円
従業員数16名
設立年月日平成19年9月
関連会社那須マテリアル株式会社、エヌズホールディングス株式会社
事業内容再生資源(金属、プラスチック等)の回収、加工、販売
産業廃棄物の収集運搬 中間処理 古物商
敷地面積本社 4,730㎡
三森工場 7,943㎡
主要設備蛍光X線分析計、プレス機、破砕機、プラズマ切断機、アリゲーターシャー
トラックスケール(40t)、フォークリフト(3台)、車輌3台、バックホー
許可内容
許可証 区域 許可番号 許可年月日 有効期限
産業廃棄物処理業 秋田県 00525142130 平成25年5月2日 平成35年5月1日
産業廃棄物収集運搬業 秋田県 00505142130 平成25年12月5日 平成30年12月4日
古物商 秋田県 231160000245 平成25年7月11日 -
エコアクション21 - 0011542 平成28年11月30日 平成30年11月29日

許可証:産業廃棄物処理業

区域:秋田県

許可番号:00525142130

許可年月日:平成25年5月2日

有効期限:平成30年5月1日


許可証:産業廃棄物収集運搬業

区域:秋田県

許可番号:00505142130

許可年月日:平成25年12月5日

有効期限:平成30年12月4日


許可証:古物商

区域:秋田県

許可番号:231160000245

許可年月日:平成25年7月11日