お知らせ

4Rを実行

秋田マテリアルのmaterial(マテリアル)とは。

『材料』『素材』『~を具現化する』という意味を持っています。

 

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

 

持続可能な未来のために、
私たちが資源を生産・消費する方法を変えることが必要。

 

その方法の一つとして、4Rを実行していくことを推進しております。

 

 

~4Rについてご紹介~

 

〇Refuse(リフューズ)

ゴミになるものを家庭に持ち込まない。

不必要なものを買わないこと、断る。

例:)マイバッグを持ち歩いてレジ袋を断る。

 

〇Reduce(リデュース)

ごみを減らし、ものを大事に扱う。

ゴミとなるものが少なくなるように行動すること。

例:)シャンプーなどは詰め替え用を買い、容器のゴミを減らす。

 

〇Recycle(リサイクル)

資源としてまた再利用すること。

例:)ビンやペットボトルなどはきちんと分別して出す。

 

〇Reuse(リユース)

繰り返し使用すること。修理して使ったり、人に譲ったりすること。

例:)フリーマーケットやリサイクルショップなどを積極的に利用する。

 

 

秋田の地で多くの方々と共に廃棄物を国産資源と捉えて
再資源化・有効利用していく「循環型社会の構築
という夢の実現に貢献していきます!