秋田マテリアルについて

ご挨拶

秋田マテリアルのmaterial(マテリアル)とは、本来「材料」、「素材」という意味です。
更に動詞的に「~を具現化する」という意味合いもあります。
弊社は、限りある資源を再利用・再資源化し、地球環境の保全を目的に創設しました。
マテリアルは「資源」の響き。
秋田の地より、多くの方々と共に廃棄物を国産資源と捉え、再資源化・有効利用して
いく「循環型社会の構築」という夢の実現に貢献いたします。

代表取締役 佐藤 佑介

経営理念

科学性

私たちは
資源循環の中で新たな価値を創造し
人と自然の永続的な関係を築きます

社会性

私たちは
地域社会に喜びを広げ
心の豊かさを未来へつなぎます

人間性

私たちは
お互いを尊重し合い
夢と感動を共有できる仲間です

環境方針

環境理念

近年、地球温暖化や様々な環境問題が深刻化する中、秋田マテリアル株式会社は、企業の社会的責任を深く認識し、基本方針を定め、循環型社会形成に貢献します。
豊かな自然を未来へ継承するため、地域社会と連携し、環境保全活動に取り組みます。

基本方針

環境関連法規制や条例、その他当社が同意する協定等の要求事項を遵守します。
また3R、省エネルギーを推進し、社会に貢献できる事業を展開していきます。

行動指針

1. 二酸化炭素排出量(軽油、ガソリン、電気等)の削減に努めます。
2. 自社の産業廃棄物、事業系一般廃棄物の分別、リサイクルを徹底し排出量削減に努めます。
3. 節水を心がけ、排水量(水使用量)の削減に努めます。
4. グリーン購入を推進します。
5. 場内外美化緑化活動を積極的に行います。

この環境方針は全従業員に周知するとともに、社外にも公表し、地域とのコミニュケーションを大切にしていきます。

制定 平成28年3月3日
秋田マテリアル株式会社
代表取締役 佐藤 佑介

会社概要

秋田マテリアル株式会社は2007年にかほ市で、産業廃棄物処理業を行う企業として創業しました。
創業当初は、コピー機などに使用される廃トナーや廃トナーカートリッジのリサイクルを主力業務として行っておりましたが、現在は金属スクラップや廃プラスチック類のリサイクルを中心に業務を行っております。

本社

三森工場

事業所名秋田マテリアル株式会社
所在地本社〒018-0402 秋田県にかほ市平沢字深谷地16番地8
三森工場〒018-0403 秋田県にかほ市三森字高田20番地
連絡先TEL 0184-74-5277
FAX 0184-74-5278
WEBサイトhttps://akita-material.com
代表者代表取締役 佐藤 佑介
資本金2,500万円
従業員数21名
設立年月日平成19年9月
関連会社那須マテリアル株式会社、エヌズホールディングス株式会社
事業内容再生資源(金属、プラスチック等)の回収、加工、販売
産業廃棄物の収集運搬 中間処理 古物商
敷地面積本社 4,730㎡
三森工場 7,943㎡
主要設備蛍光X線分析計、プレス機、破砕機、プラズマ切断機、アリゲーターシャー
トラックスケール(40t)、フォークリフト(3台)、車輌3台、バックホー
許可内容
許可証 区域 許可番号 許可年月日 有効期限
産業廃棄物処理業 秋田県 00525142130 平成30年8月6日 平成35年5月1日
産業廃棄物収集運搬業 秋田県 00505142130 平成25年12月5日 平成30年12月4日
古物商 秋田県 231160000245 平成25年7月11日 -
エコアクション21 - 0011542 平成28年11月30日 平成30年11月29日

許可証:産業廃棄物処理業

区域:秋田県

許可番号:00525142130

許可年月日:平成25年5月2日

有効期限:平成30年5月1日


許可証:産業廃棄物収集運搬業

区域:秋田県

許可番号:00505142130

許可年月日:平成25年12月5日

有効期限:平成30年12月4日


許可証:古物商

区域:秋田県

許可番号:231160000245

許可年月日:平成25年7月11日


エコアクション21

許可番号:0011542

許可年月日:平成28年11月30日

有効期限:平成30年11月29日

組織図